就寝前の飲食について見直してみよう

皆さんは就寝前にどんなものを飲食していますか?
ダイエットなどの観点から就寝前は一切何も飲食しないという人もいるでしょうが、中には安眠のためとしてアルコールを摂取する人もいます。

もしあなたが安眠のためにアルコールを摂取しているのだとしたら、それは今日からやめたほうがいいでしょう。
確かにお酒を飲んだ後は酔っぱらって気持ちよくなり、次第に眠ってしまうことがあると思います。
しかし、それは安眠ではなく気絶であり、体力の回復には一向につながっていないのです。
しかも、アルコールを摂取したとしても中途覚醒などのようなトラブルにもつながりかねないことなのです。

なぜ、アルコールを摂取することが中途覚醒につながってしまうのでしょうか。
まず、アルコールが体の中でどのように分解されていくのか検討する必要があります。
まずアルコールは体の中に入ると血液に溶け込み、脳に作用します。
脳の中の理性をつかさどる部分がそれによってマヒし、結果として感情があらわになったり、結果として眠ったりしてしまうのです。

これだけ見るとアルコールは快適な睡眠のために必要と思えるかもしれませんが、実はこの先が重要なんです。
アルコールは体の中で分解された後、いったん毒性の強いアセトアルデヒドという物質になります。
この成分が体の中で刺激物質として作用し、睡眠を妨害してしまうのです。

二日酔いの原因となってしまうのもこのアセトアルデヒドであり、このアセトアルデヒドが完全になくなるまで、不快感とともに覚せい作用が発生してしまうのです。
ですから、結果として中途覚醒になってきてしまうのです。

このように、中途覚醒の原因となるアルコールのほか、もちろん先述のようにダイエットの大敵でもありますから、就寝前の飲食はなるたけ控えたほうがいいでしょう。
それでも多少何か食べたり飲みたいと思った場合は、ホットミルクなどのあったかい飲み物を少量飲むのがいいでしょう。

ですが、もし快適な睡眠や寝つきの良さを手に入れたいのであれば、飲食品にこだわるよりも寝具にこだわったほうがいいでしょう。

モットンのような高反発マットレスはいかがでしょうか。
モットンは睡眠時の姿勢の保持を行い腰痛防止などの作用もあるのですが、心地よい感触は入眠の促進にも効果を発揮してくれます。
目覚めもすっきりなのに、途中で起きることはない、そんな素晴らしい睡眠を手に入れるためにぜひモットンをご活用ください。