身体の歪みの原因は寝返りにあった!

人間だれしも生まれたばかりは体に歪みもなく健康的な体で生まれてくるのですが、成長して自分の生活をしていくなかでだんだんと癖がつくようになり、体の歪みが生じるようになってしまいます。
いつも片腕で顎を支えるような態勢をとっている人は顔が歪んでしまいますし、片方の足だけを組んでいる人は腰や足が歪んでしまうことでしょう。

ふつうは日中の生活の中で受けたダメージや生じた歪みは睡眠時に補正されるようになっています。
人間は必ず寝ているときに寝返りを打ちますから、この寝返りによって血液の流れを整えたり、体全体のストレッチをしているのです。

しかし、この寝返りが体の歪みの原因にもなっているということはみなさんご存知でしょうか。
睡眠のことをしっかりと理解しないと、どんどん体の歪みが大きくなってきて、見た目だけではなく激しい痛みが発生したり、体の中まで調子が悪くなってしまうこともあるのですよ。
そんな悪い寝返りには、寝具が関係しています。

体に合う形の寝具を使用している場合は寝返りによって上記のようにポジティブな効果を期待することができるのですが、逆に体に合わない寝具を使用しているときにはどんどん寝返りを繰り返すことによって体に負担をかけてしまうのです。

具体的にどのような寝具かというと、薄っぺらくて柔らかい寝具ということです。
皆さんはデパートなどで布団を購入するときには生地の手触りなどで選ぶかもしれませんが、マットの上に自分の全体重をかけて沈み込み具合を検証するようなことはしてませんよね?

本当に布団を選びたいのであれば、生地なんかは極端に言ってはどうでもいいことで、そうではなくマットレスのクッション性を何よりも重視すべきなのです。
そして、クッション性を重視するのであれば、高反発のマットレス以外に選択肢はないといってもいいでしょう。

寝返りという点に着目するのであれば、モットンという高反発のマットレスがおすすめです。
このモットンは腰痛専門に効果があるマットレスであるということをうたっており、人間が自然な形で寝返りを打てるように設計されているのです。

仰向けになっても、横向けになっても、全体重がバランスよくマットレスにかかるようになっているため一部分に余計な負荷がかからず、長い間マットレスの上に寝そべっていても疲れないのです。
もし疑うのであれば、一晩でもこのクッションの上で寝てみると、その効果がわかることでしょう。