間違った筋トレやストレッチは逆効果になる

皆さんの中には健康のため、あるいは体をほぐして肩こりや腰痛を改善するためにストレッチを行っている人もいるかもしれません。
ストレッチは筋肉をほぐすだけではなく血行やリンパ液の流れの改善にも効果があり、ストレス解消にも効果が期待できるとても優秀な手段です。

しかし、このストレッチもやり方を間違ってしまうと逆効果になってしまうことはご存知でしたか?
多くの人が実は間違ったやり方をしているのもストレッチの特徴です。
間違ったストレッチを続けていては、次第に体のどこかに不調をもたらすことになってしまうでしょう。
健康維持のため、そしてさらに効果的なストレッチを行うために、しっかりと正しいストレッチ方法を勉強していきましょう。

まず、ストレッチを行う時間帯ですが、みなさんは朝起きた時にやっていたりしませんか?
子供のころからラジオ体操などの経験もあるでしょうから、朝起きた時の運動は体にいいという固定概念が皆さんの頭の中にあるのかもしれません。

確かに一日の始まりに適度に体を動かすことは悪いことではないのですが、やり方が間違ったり、激しい運動をすると逆効果になってしまいます。
朝起きたてはまだ体も硬く、激しい運動に耐えられる体になっていません。
そんな時に無理やり筋肉を伸ばすようなストレッチをやってしまうと、最悪アキレス腱断裂や肉離れなどのけがにつながってしまうことでしょう。

実はストレッチを行う時間帯で最も正しいのは就寝前なのです。
しかも、お風呂上がりで就寝前が最も良い時間だといえるでしょう。
この時間帯はお風呂の効果により体もほぐれていますし、何よりも就寝前であればリラックス効果を安眠のために活用することができます。

また、睡眠時は体の組織を再生し、成長させる時間帯ですから、その前に筋肉に適度な衝撃を与えるストレッチは、成長にもつながるいい方法でしょう。
また、筋トレについても同じことが言えます。

このように就寝をうまく活用して体の健康につなげるのが賢いやり方です。
睡眠の質も高めれば、その前に行うストレッチの効果もさらに高めることができるでしょう。
睡眠の質を高めるならば、質の良いマットレスを使用するのが一番。

モットンのようなマットレスであれば、就寝時はもちろんのこと、ストレッチをするうえでも優秀なマットとなってくれることでしょう。
日々の健康を支えるモットンを活用し、さらに美しく、そして健康的な体を手に入れてください。