合わない枕は首こりや肩こりの原因になる

皆さんはどんな枕を使用していますか?
中にはひたすら硬い枕が好きという方で、丸太のような硬さの枕を使用している人もいることでしょう。
あるいはひたすら大きな枕が好きという人で、クッションのような枕を使用している人もいるでしょう。
さらには、高い枕が好きという人の中には複数の枕を重ねて使用している人がいるかもしれません。

枕の好みほど個人差が出るものはないというくらいで、日常生活のなかで知らず知らずのうちに枕の好みというものが出てきているのですね。

さて、そんな枕ですが自分の体に合わない枕を使用してしまうと思わぬ弊害が発生することがあります。
その弊害とは、首こりや肩こりなどです。
たとえ最初は自分が気持ちいいと思ったとしても、合わない枕は自分の首や肩に大きな負担を与え続けているかもしれません。

みなさんの枕は、そんな枕になっていませんか?
どんな枕が自分の体に合っているのか、首や肩に優しい枕はいったいどのようなものなのか、そこを勉強していきましょう。

枕で重要なのは、高さと硬さです。
まず高さですが、これは仰向けになったときに目線がちょうど真上をむくようなものがいいでしょう。
高い枕が好きな人がいるかもしれませんが、あまりに頭が高くなりすぎて目線が下に向いてしまうようなものでは高すぎです。

常に顎を引いてうつむいているような状態で眠ることになってしまいますから、首にかかる負担は大きくなってしまうと言わざるを得ないでしょう。

では次に硬さですが、これは頭全体がちょうど包み込まれるようなくらいの硬さがベストだといえます。
頭をのせても沈み込まないような枕は硬すぎますし、逆に沈み込みすぎる枕は柔らかすぎて肩に負担がかかります。
ちょうど人の手に支えてもらっているかのような適度な反発があるのが良い枕のあかしだといえるでしょう。

このように枕の良しあしが睡眠の質に大きく左右されるわけですが、体全体を支えるマットレスにも同様のことが言えます。
マットレスも柔らかすぎない高反発マットレスこそが、ちゃんとした姿勢を保つことができ、安眠をサポートしてくれるものだといえるでしょう。

そういった意味ではモットンのようなマットレスはまさに理想のマットレスだということができます。
理想の枕を探すのであれば、その女房役であるマットレスに気を使わないわけにはいきません。
安眠を保証してくれ、しっかりと休息できるモットンをぜひご使用下さい。