高反発マットレスと低反発マットレスはどこが違うの?

人が睡眠をするうえで重要になるのは、どこで寝るのか、という点です。
野生動物は寝床に気を配らないように思えるかもしれませんが、ちゃんと枝や葉っぱを集めてベッドを作る種族もいます。

もともと足の裏で地面に立っているわけですが、全身を横にして寝そべる以上、ちゃんとしたところで睡眠をとらないと、体に不調が発生してしまうのです。
そうした点から考えると、人間は敷布団やマットレスで寝ることが重要なわけですが、いったいどのようなマットレスで睡眠をとるのがベストなのでしょうか。

世の中には高反発マットレスと低反発マットレスという二種類が大まかに分けて存在していますが、そのそれぞれの特徴についてみていきたいと思います。

まず高反発マットレスですが、これは体が必要以上に沈み込むのを防ぎ、骨の歪みや筋肉へのストレスを予防し、正しい姿勢での睡眠を確保してくれるという効果があります。
そのため、体重を支えられるほどのしっかりした弾力がある素材になっており、最初はちょっと硬いと思うくらいかもしれません。

しかし、ゆっくりと体重をかけることによって均衡点で体の沈み込みが止まり、そこからはマットレス全体で体を支えてくれるようになります。
そうすれば、まるで全身を包み込まれているような感覚を味わうことができるでしょう。

それに対し低反発マットレスはひたすらに柔らかいのが特徴であり、上に体をのせるとすぐに沈み込みます。
一見快適そうに見えますが、際限なく沈んでいくマットレスはじきに床まで到着してしまい、体がいびつな形でマットレスの上に乗ることとなってしまうのです。
そうすると最初は柔らかくて気持ちよかったのに最後は硬い床の感触がじかに伝わるようになってしまい、姿勢が乱れ腰痛の原因などにもなってしまいます。

高反発のほうが値段がちょっと高いという特徴があるのですが、本当に心地よい睡眠を得たいと思うのであれば高反発マットレスを選ぶことが一番でしょう。

そんな高反発マットレスのなかの一つにモットンという商品があります。
この商品は従来の値段が高いという高反発マットレスの弱点を克服した商品で、値段の安さとクオリティを両立させた商品になっています。

モットンはインターネット限定で販売している高反発マットレスだから、ここまでユーザーの気持ちに寄り添った価格の商品が販売できるのかもしれません。
快適な睡眠のためには、高くはない買い物だと思います。