マットレスに潜むダニとアレルギー症状

毎年大掃除のシーズンとなると布団の虫干しを行う家庭も少なくないのではないでしょうか。
布団は羽毛や羊毛など動物性の成分が使われていることが多く、そうした動物性原料は虫にとっても大好物の食材ですから放っておけばどんどんと虫が増殖してしまうことになります。
布団につく害虫といえばノミやダミが有名ですが、これらの害虫は人間にとってさまざまなアレルギー反応を引き起こすことになります。

どのような順序によってノミやダミがアレルギー反応を引き起こすのか、またどのようにしたらそれを防ぐことができるのか勉強していきましょう。

そもそもノミやダニは目に見えないほど小さい虫ですから、なかなか肉眼で確認することはできません。
さらに言えば、その卵も小さいですから、どんなに目が詰まった布団であったとしても、その虫の侵入を完全に防ぐことはできないのです。

そのため、布団には必ず一定数のノミやダニが存在してしまうのですが、それらの虫がどのようにアレルギー反応を引き起こすのかというと、理由があります。

体内に侵入したノミやダニはアレルゲンと呼ばれる、アレルギーの原因物質を放出します。
その放出によって体内の反応物質であるヒスタミンが活発に反応し、原因物質を追い出そうとするためにさまざまな反応を引き起こしてしまうのです。

ヒスタミンの働きは人によって様々で、同じアレルゲンを摂取したとしても反応が現れる人と現れない人がいますが、できればアレルゲンはなるたけ摂取しないようにしたほうがいいでしょう。

では、布団なのに虫がつかない方法などあるのでしょうか。
それには、動物性の原料ではない原料で作られたマットレスを使用すればいいのです。
例えばモットンなどのマットレスはウレタンを原料としているために、虫の食料となることがなく、安心して使用することができます。
細菌の発生や虫の繁殖を抑えることができますから、衛生的に使用することができるといってよいでしょう。

そのほかにもモットンは姿勢を整えたり、きちんとした健康状態の睡眠を確保してくれる効果もあります。
そもそも健康状態が悪くなり免疫力が低下していてはアレルギー反応を引き起こしやすいというもの。
そんなことが起こらないように、しっかりと対処するようにしましょう。

モットンは虫の発生を抑制する効果が実際に認められており、多くの愛用者がその効果を実証しています。
ぜひみなさんもそうした愛用者に続いてみてください。