程良い硬さの寝具とは?正しいマットレスの選び方

皆さんの中には、寝具は柔らかいほど高級なものだという考えはありませんか?
一般的に質の悪い布団のことをせんべい布団なんて言い方をしますし、逆に高級な布団のことをふかふか布団なんて言い方もします。

硬い布団は低級で、柔らかい布団が高級であるという考えがあるかもしれません。
もしそんな考えを持っているとしたら、じつはそれは大きな間違いかもしれませんよ。
本当に良い布団はいったいどれくらいの硬さなのか、ここではそんなことを学んでいきましょう。

さて、そもそも質の良い布団のことを学ぶ前に、質の良い睡眠について学ぶ必要があります。
質の良い睡眠とは一体何かというと、寝ているときの体の姿勢が自然な状態であり、体に余計な負担がかかっていない状態のことを指します。
体に余計な負担がかかってしまっていたり、変な姿勢になってしまうと、それが寝ても疲れが取れなかったり、寝違えなどの原因にもなってしまいますからね。

では、どういう布団であればそのように自然な状態を作り出すことができるのかというと、実は適度に硬い布団のほうがいいのです。
もし柔らかすぎる布団であるとどんどんと体が沈み込んでしまいます。
体の形は均一ではなく、肩や腰骨などは出っ張っており、逆に首などは引っ込んでいます。
そこが均一でないため、どんどん沈み込んでしまうと一部のところにだけ体重がかかったり、腰が曲がった形で沈み込んでしまうのです。

これでは、とても正しい姿勢で睡眠をとることができませんね。
布団に入った瞬間は気持ちがいいかもしれませんが、次第に自分の体が疲れてくることが確認できるでしょう。

それと対照的に、ある程度硬い布団であると、布団そのものが体に反発してくるのがわかると思います。
そのため、しっかりと体を支えることができ、ちゃんと正しい姿勢で睡眠をとることができるのです。
正しい姿勢をとっての睡眠ならば、いくら寝たところで体の負担にもなりませんし、むしろ体の回復のために大きな効果を発揮してくれます。

最初寝たときは思った以上に硬くて高反発だと思うかもしれませんが、実はその高反発に健康のための秘訣が隠されているんですね。
このような高反発マットレスとしてモットンなどの商品がいま人気となっています。
特にモットンは高反発マットレスの中ではお手ごろな価格で購入できるものですから、はじめて高反発マットレスを購入して体の負担を少なくしようと考えている人には最適といえるでしょう。