冷湿布と温湿布で腰痛に効くのは?

腰痛や肩こりなどの体の痛みを感じた場合、どんな方法で対処する人が多いと思いますか?
あるいはみなさんはどのような対処方法をとられていますか?

皆さんの中には、湿布を貼って対症療法をするという人も少なくないと思います。
湿布は患部に直接貼ることができますし、即効性を感じることができる治療法です。
筋肉がほぐされ、指圧では届かない奥の部分にまで効果がいきわたる感じがするため好む人も多いのではないでしょうか。

しかし、この湿布は正しい使い方をしないと効果が十分に発揮できないばかりか、あるいは逆効果になってしまうこともあります。
そうすると湿布を貼ってもなんの意味もないですから、みなさんは正しい使いかたで湿布の効果を最大限に発揮させるようにしましょう。

みなさんがよくする間違いで重要なのは、温湿布を使うのか、冷湿布を使うのか、というところです。
温湿布の場合は患部があったかくなるのに対し、冷湿布の場合は患部が冷たくなる効果があります。
この使い分けですが、皆さんはご存知でしょうか。

もしあなたが腰痛や肩こりなどの対処法として冷湿布を使っているのだとしたら、実はそれは大きな間違いなのです。
冷湿布はひんやりして気持ちよく、患部の熱を放出してくれるから、重い腰痛や肩こりに効果的だとお思いかもしれません。
むしろ、温湿布を使ってしまってはどんどん腰痛がひどくなるように思うかもしれませんね。
しかし、本当に腰痛を解消したいのであれば、温湿布を使用するのが一番なのです。

温湿布は温度を高めることによって血液の流れを改善し、筋肉をほぐす効果があります。
そのため、温湿布を使用することによって停滞していた血流を改善し、肩こりや腰痛などの痛みを軽減することができるのです。

逆に冷湿布を使ってしまうと血流が滞ってしまうので、かえって痛みが増してしまうんですね。
そう考えると冷湿布の存在意義がなんなのか、という話になりますが、冷湿布はねん挫などのけがに使用し、けがなどをした直後に患部を冷やすために用いるのです。

このように湿布の効果的な使い方を学んできましたが、本質的に腰痛を改善するならばモットンのような高反発マットレスを使用し、日々の睡眠から腰痛体質を解消することが重要でしょう。
モットンは腰痛だけではなく寝違え、肩こりなどにも効果がある、夢の寝具です。
普段寝ている間に体にかかる負担は予想以上に大きなものですから、そこから腰痛対策を始めましょう。