睡眠障害に悩む現代人が多い理由

昔と比べて現代の日本人には睡眠障害に悩まされている人が多いといわれています。
確かに昔の人は今のように不眠症で悩む人は少なかったかもしれませんね。
それに、睡眠内科などというような病院の診療科もできて、本格的に睡眠に関する病気のことが研究されてくるようになったのも最近のことかもしれません。

睡眠障害が多くなったから診療科ができたのか、あるいは診療科ができて本格的に研究が進むようになったから病名がつけられるようになったのか、そのどちらなのかはわかりませんが、少なくともいえることは、現代人の多くは多かれ少なかれ睡眠に関する悩みを持っているということです。

睡眠は日常生活のパフォーマンスを大きく左右するものであり、もし質の良い睡眠をとることができなかったら、その睡眠が気持ちよくないばかりではなく、その日一日の仕事にも影響してきますよね。
人によっては崩れたバランスなどが後に響き、その週は全く仕事にならないというような人もいるでしょう。
そうならないように、睡眠障害の理由、とりわけ現代人に急増している理由を学んでいきましょう。

結論から言うと、現代人の不眠、睡眠障害の原因の多くはブルーライトによるものが多いといわれています。
ブルーライトとはスマホやパソコンの液晶から発せられる光のことで、人間の目や頭に大きく影響するといわれています。

通常人間は日中は交感神経が優位となり興奮状態ということで活動的になり、逆に夜間は副交感神経が優位となり鎮静状態ということでリラックスすることになります。
このようにリラックスしている状態でちょうど睡眠に入ることができれば一番いいのですが、ブルーライトの影響で夜間でも交感神経が優位になってしまうと、質の良い睡眠をとることができなくなってしまうのです。

やはり夜寝る前はパソコンやスマホを使わないほうがいいのですが、現代人はなかなか完全に電子機器を排除することはできないですよね。
そんな時はせめて寝具を質のいいものにするようにしましょう。

モットンなどのような商品は、スマホやパソコンに毒されている現代人にとって救世主となるようなマットレスでしょう。
高反発のマットレスですから、頭や目が疲れている状態でもリラックスするお手伝いをしてくれるはずです。
睡眠障害に悩む現代人にとって、モットンのような商品は、生活習慣を改善することのできないかわりに入手すべき重要なグッズだということができますね。