耐圧分散に優れているマットレスがおすすめの理由

体をしっかり支えてくれる高反発マットレスが最近の人気商品となっているようですが、ただ単純に高反発、硬いマットレスにすればいいというわけではないのはご存知でしょうか。

確かに沈み込むような低反発マットレスでは体が曲がってしまうから腰痛に悪い、その分高反発のマットレスであればしっかり反発してくれて姿勢を保持してくれるから大丈夫、という理論はわかりますが、高反発であればあるほどいいのであれば、コンクリートの上に寝るのが一番ということにすらなってしまいます。

そうではないですよね?
コンクリートのように硬すぎる場所では、コンクリートが当たっているところと当たっていないところの加重の差が大きく、結果として体に負担がかかってしまいます。
これは、ただ高反発ならばいいというわけではなく、耐圧分散が重要であるということを意味するのです。

耐圧分散とは何かというと、体全体に平等に負荷をかけるということです。
コンクリートの上では出っ張っている肩や頭、腰などには圧力がかかりますが、直接地面に触れないところには圧力がかからないですよね。
そのバランスの悪さが体の不調につながってくるのです。

逆にしっとりと全身を包み込みながらも反発する高反発マットレスであれば、体の部位に限らず平等に耐圧分散されていますから、体のどこにも不快感や余計な負荷を感じることなく睡眠をとることができるのです。
ですから、本当に優秀な高反発マットレスというのは、しっかりと高反発の硬さを持ちつつ、体全体のラインに沿うような形のものが一番ということなのです。

そんな都合のいい高反発マットレスなんてあるのだろうか、と思うかもしれませんが、モットンならばその両方を実現することができます。

モットンは体に関する研究を重ね、どこの部分にどれだけの加重がかかるのか、人間の重心はどこなのか、ということを徹底的に研究しているため、まるで宙に浮いているかのようにストレスない睡眠を確保することができます。
ですから、腰痛の予防や解消に大きな効果があるんですね。
みなさんもテレビショッピングやインターネットの広告で高反発マットレスについて目にする機会が多いかもしれません。

そういった商品の中にはただ一部分の弾力であったり硬さをアピールするものがあるかもしれませんが、重要なのは単純な硬さではなく、耐圧分散であるということをぜひ念頭に置いて、高反発マットレスを購入してみてください。