寝ている間に筋肉を休ませて腰痛を解消しよう

人間は、昼間に起きて活動し、夜に寝て休息するサイクルで人生を送っていますが、実はこの睡眠という時間が大変に貴重なものなのです。
皆さんの中には、短時間睡眠をしようとしたり、ショートスリーパーと呼ばれる、ほとんど睡眠をとらなくても活動している歴史上の偉人などのエピソードにあこがれるかもしれませんが、決して睡眠時間は無駄な時間ではないのです。

人間の体のサイクルに大きく影響する、実はすごい作用がありました。
そのキーワードが、成長ホルモンです。

成長ホルモンという名前を聞いて、もう成長期を過ぎた大人の人は関係ないと思っている人もいるのではないでしょうか。
そんなことはありません。
人間は生きていくうえで、一生成長ホルモンのおかげで人生を送れているのです。

成長ホルモンはその名前から、成長期の発育にだけ関係すると思われがちですが、実は日々の生活で損傷する肉体の回復にも使われています。
このホルモンの働きにより、運動によって損傷した筋肉や、激しい動きによって摩耗した骨が再生しているのです。
この成長ホルモンの分泌を促進し、常に新しい体を維持することが、健康的で、なおかつ老化しない体を手に入れるために重要なことなのです。

それでは、この成長ホルモンですが、どのように睡眠と関係してくるのでしょうか。
実は成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるという傾向があるのです。
寝る子は育つ、という言い方をしますが、まさに睡眠をいかに質の高いものにするか、ということが成長ホルモンの分泌を高めるために必要なのです。

良い睡眠を手に入れるためには、良い寝具を整備し、リラックスして睡眠ができるようにしなければなりません。
いくら睡眠をとったからといっても成長ホルモンの分泌が盛んになるのは夜の11時から深夜2時頃であり、その間の時間にどれだけ深い睡眠をとれるかが重要です。
そのためには、モットンのような高反発マットレスを活用することによって、ストレスなく深い睡眠をとるようにしましょう。

モットンなどのようなマットレスはそもそも姿勢を正しく保持してくれる効果があるので腰痛にも効果があるといわれていますが、特に成長ホルモンの分泌によって腰周辺の筋肉の再生も活発になり、さらに腰痛防止や改善に効果があると見込めます。
これまでどんな方法を試してみたけど駄目だった、なかなか難しかった、というような人にこそモットンを使っていただきたいと思います。